Archive for the ‘精油・化粧品’ Category

ケモタイプ精油とは

2012-03-30

ケモタイプとは、植物に含まれている成分を化学的に分析して、特徴的な成分の含有率で植物を分類・同定するという考え方で、「化学種」とも訳されます。

動物と違い自由に動くことができない植物は、生育地の気候や土壌など様々な条件に適合して成長します。その結果、形態的に同じ植物であっても植物自身が作り出す成分構成が異なることがあるのです。

ケモタイプの概念をアロマテラピーにも取り入れ、成分分析で内容成分を確かめたものがケモタイプ精油と呼ばれます。
精油の香りを楽しむだけならば分析の必要はないでしょう。
精油を皮膚に塗布する場合には、精油が身体に及ぼす作用について知るために、成分分析によって精油をタイプ分けする必要があるのです。
安全・確実・効果的なアロマトリートメントを実践するために、ケモタイプ精油の選択が必要となります。

精油のクオリティについて

2012-03-29

プラナロムケモタイプ精油

ブルーブルーエではプラナロム社のケモタイプ精油を使用しています

プラナロム社は1980年に、ケモタイプ精油の提唱者であるピエール・フランコムによって設立されました。
植物の栽培・蒸留・分析・研究・治療実践を一貫管理し、伝承だけにとらわれず現代医療とも共存できるアロマテラピーの実践を実現しています。

プラナロム社の品質哲学

・精油は野生そのもの、または
 野生に近い環境で無農薬自然栽培した植物から採油しています。
・肥料や水も一切与えず自然のままに栽培しています。
・全ての植物を自社管理しています。
・低圧で時間をかけ水蒸気で抽出する蒸留法を実施しています。
・100%自然で純粋な混ざりのない「完璧」なケモタイプの精油製品を
 お届けすることができます。

フランスのアロマテラピーは、R.M.ガットフォセによって命名され、
J.バルネによって医療として普及し多くの研究者によって受け継がれてきました。
プラナロム社はケモタイプ植物と精油蒸留技術の世界的スペシャリストとして、
無農薬栽培によるケモタイプの研究と整備、伝承されてきた貴重な蒸留技術の
科学的検証や指導にあたっています。